FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24話 「せつなの苦悩 私は仲間になれない!」

第24話 「せつなの苦悩 私は仲間になれない!」 感想です。

いつもありがとうございます⇒プリキュアRanking


自分がプリキュアであったこと、ラビリンスから抜けてしまったこと。

そんなこんなでせつなさんは思いふけっています。

そこに桃園母が・・・見知らぬ女の子にいきなり話しかけるなんて恐るべし・・・



プリキュア3人は、せつなが心配で探しに行ったりします。

といってもクローバタウンしか探さないんですよね・・・狭いわ



サウラーとウェスターは洋館であいもかわらず過ごしています。

やっぱりこの2人は両極端ですね。

思い立ったら突っ走るウェスターに好感が持てますが・・・

ここでのサウラーのセリフ、イースがラビリンスを裏切ったことになってるんですね。



一人悩み、さまようせつな。ここでもせつなはラビリンスを裏切ってしまったと思っています。

実は、ラビリンスに捨てられていることに気づいていないんでしょうか?

これもメビウス様のカリスマ性ゆえか??

ラビリンスが独裁国家ならせつなは亡命した国民。

住むところもなくこれで本当によかったのか?と自問自答しているとでもいいましょうか?




さて、せつなを見つけたラブは桃園家の外食にせつなを連れて行きます。

出ました、桃園父!!渋いのかと思いきや、そんなに軽いキャラなのか??

やるな、ケイタロー。こんなオヤジになりたいぜ!

20090719_1.jpg


しかし、こんな茶番劇じみた一家団欒の中に放り込まれるせつなが可哀そうに

思えるのはわたしだけか??わたしなら耐えれんぞ><


とはいえ、「幸せ」というものを理解することができたせつな。

今までの悪行についてさらに心を痛めることになってしまいますが、

改心することができ、ウェスターと対峙。ついにパッションに変身!

しかし、ウェスターのナケワメーケは単純なだけにパワーだけは強いですな・・・



最近、影の薄くなってきたのこりの2人も合流しますが、パッションだけで

ナケワメーケをやっつけてしまいました。

これまで知らなかった「幸せ」がパッションのキーワードになってますね。



「わたしは幸せになってはいけない気がする」というせつなに対し、

桃園母は「一つ一つやり直していけばいい」という。

普通、会ったばかりの、娘とおなじくらいの年齢の女子にこんなこと言われて、

やり直していけばいいと言える人はいないと思う。



すべてを見透かしているかのごとき母に恐縮の30分でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
気になるキーワード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。